古来より伝わるラム肉保存方法「羊糞での燻製」西洋では広く知られた方法です。

マティアスとハフディスは、西部フィヨルドのストランディルのフーザヴィークで羊農家を営んでいます。飼育した子羊のラム肉を、16年寝かせた羊の糞を用いて燻製にしています。ソーセージ、ラム脚、それから切ったラム肉を燻製機に入れます。