874年から続く放牧の歴史

バイキングの入植者がアイスランドに初めて羊を持ち込んだのは9世紀のこと。

それ以来、羊たちはこの国の丘や山々で放牧されてきました。

今いる羊たちは、入植時に持ち込まれたものと遺伝的に同一、つまり直系の子孫になります。